未分類

家賃滞納とは問題について

賃貸物件を借りる賃借人の借主が、物件を貸す賃貸人の貸主に支払う家賃の支払いが遅れることを、一般的に家賃滞納といいます。
家賃の支払いには期日が設定されるものですから、この期日を過ぎた時点で滞納ということになります。
突然何らかの支出が発生したり、家賃が支払えなくなることはあり得るので、すぐに問題が大きくなることはないです。

やがて保証人に連絡がいくことになる

当然ながら、貸主は支払われるはずの家賃が支払われていない状況なので、何故遅れているのか連絡を入れるわけです。
最初は借主宛の電話で済みますが、電話に出なかったり家賃を支払わないままだと、やがて保証人に連絡がいくことになります。
勿論、保証人の責任に関わるので、借主に滞納の理由を問うてくるでしょう。
家賃滞納発生後の基本的な流れとしては、借主に電話やメールで滞納ついての連絡があり、次に文書で督促状が届くことになります。
督促の発生までには少し猶予がありますから、滞納に気がついたら速やかに貸主、あるいは管理会社に連絡して家賃を支払うことができます。
これは特に管理会社が管理を行っている場合に有効で、本来の支払日から3営業日くらいは時間的猶予があるはずです。
しかし、連絡が遅れたり支払いをしないままでは、いずれ督促状が手元に届くのは時間の問題です。
連帯保証人への連絡は督促状の後で、大抵はこの段階で問題が大きくなったり、強制退去も視野に入ってきます。
借主にとって、賃貸とはいえ急に家を失うのは困りますから、滞納に気がついた時にすぐ家賃を支払うケースが多いです。

【参考】烏川 全保連

家賃が支払われていないことに気がついたら間を置かず連絡を入れる

ただ、貸主に対する心証は悪く信頼関係にひびが入ることになるので、家賃が支払われていないことに気がついたら間を置かず連絡を入れ、理由を伝えて支払うのが得策です。
いわゆる明け渡し訴訟が行われるのは、長いこと家賃が支払われない状況が続き、お互いの信頼関係が破綻しているとみなされる段階です。
目安としては家賃滞納から3ヶ月以上経過した頃で、3ヶ月を過ぎると話し合いで問題が解決する可能性はなくなります。
後は訴訟によって裁判所に判断が委ねられますが、貸主の勝訴となれば強制退去は免れられないでしょう。
だからこそ話し合いができる段階で問題解決を図り、信頼関係の回復に努める必要があります。
貸主も鬼ではなく人間ですから、多くの場合は理由を伝えれば納得しますし、家賃の支払いをしばらく待ってくれるものです。
それは一度二度くらいなら待ってくれるはずなので、二度目までなら何とかなると考えられます。
ところが流石に同じようなことが3回だと仏の顔も三度までで、貸主の態度が変わる可能性が高まります。
つまり家賃滞納はそれだけ信用にダメージを与え、入居の継続を難しくしますから、一度滞納したら次はしないと約束して守ることが大切です。

支払いを待って信用回復のチャンスが借主に与えられる

家賃は滞納したら即退去ということはなく、支払いを待って信用回復のチャンスが借主に与えられます。
言うまでもありませんが、理由が何であれ滞納は契約を破っていることになるので、例え少額だったり短期間でも滞納しないことが基本中の基本です。
少しくらい遅れても良いと考えるのは間違いですし、遅れたらしっかり謝って再発防止に努めることが大事です。
家賃の支払いを自動引落にしてある場合は、日頃から口座残高に気をつけて、支払日に備えておくことが不可欠です。
この基本を案外忘れてしまうことはありますし、うっかりしていると家賃滞納が発生して迷惑を掛けることになります。
口座を支払いとそれ以外の用途に分けている場合は、このような問題が起こり得るので気をつけましょう。
家賃滞納の問題は他にも、信用情報がブラック入りする可能性があることが挙げられます。
保証会社と契約して入居しているケースだと、滞納した家賃は保証会社が借主本人に代わり建て替えて貸主に支払います。
この時に保証会社に対する信用が下がってしまい、悪質と判断されれば今後の利用は難しくなります。
信用情報のダメージは、家賃以外の借り入れ審査にも響いてくるので、当面の間ローンが組めなくなる恐れなどがあります。
滞納を避ける為には、普段から支払い期日を確認したり気に掛ける癖をつけておき、数日前に口座残高を再確認するように心掛けるのが良いでしょう。
自動引落は便利ですし、口座残高がある場合は支払いが遅れる恐れはないので安心ですが、それでも完全ではないので油断禁物です。
自動任せで支払いを行っていると、滞納が発生してもすくに気がつけなくなるので、支払い期日を過ぎた後にも確認をする癖をつけておくのが賢明です。

まとめ

滞納が発生してしまったらそれは仕方がないので、誠心誠意謝って許してもらうことが肝心です。
支払いの意思はあること、お金が用意できる時は速やかに支払うなどの対応が、強制退去を免れる現実的な方法となります。
お金の都合がつかず、すぐに用意できないのであれば、理由を伝えて分割払いをお願いしてみましょう。
貸主は家賃収入が途絶えることを最も恐れるので、分割払いでも支払いが行われるなら提案を受け入れます。
家族や親戚に友人、そして行政といった相談先はありますから、諦めないことが問題の早期解決に繋がります。

Back To Top