未分類

学力が無くても富士学院で医学部合格のための勉強ができる

富士学院は、医学部に合格するために設けられている予備校です。
特徴的なのが、現状の学力を問わずに入学することができるという点です。
基本的に、医学部への合格は非常にハードルが高く、それだけ基礎学力が高い人が求められる傾向があります。
一般的な入試と異なって求められる知識も専門的なものになりやすい傾向があるため、特別な勉強をしていかないと合格することができません。
そのため、それに対応できるだけの学力を有した人が、普通はこういった予備校に行くことになります。

入学時の学力を問わない富士学院

この点、富士学院では入学時の学力を問わないという大きなメリットがあります。
医学部に合格するためのスケジュールを、個々人で考えていくことができますので非常に魅力的です。
実際に、富士学院では1人1人の生徒が学力を向上させられるように努力をしてくれます。
どういった部分に問題が存在するのか、それを攻略するための課題が何なのかを提示してくれますので、学力がない人であっても問題ありません。
それぞれの生徒が、最も合格しやすい道を考えますので、それに応じた勉強をしていくことが可能です。
例えば、医学部には推薦入試という制度が存在します。
現役合格を目指している人にとっては非常に重要な制度なのですが、実はこの入試制度に関しては学生の側から見ると不透明な部分も多いです。
受験をするにしても、評定平均値というものが存在しますので、それを知らないと受験をすることそのものが難しくなってしまうケースも存在します。
評点平均値は、高校1年生から3年生の1学期までの成績で決定されることになりますので、学生生活の中できちんと計画的に勉強をしていかないと、推薦入試を利用することができなくなる可能性があります。
こういった、普段からの学生生活の重要性をきちんと教えて、そのための準備を手伝ってくれるのがこの予備校の魅力です。

入試試験に対応できるだけの実績とノウハウがある

また、医学部独特の入試試験に対応できるだけの実績とノウハウがあるのも魅力です。
普通、大学入試を行うときには共通試験を受けてその成績で判断してそれぞれの志望校を選択していくことが多いです。
共通試験を勉強してから、その後の二次試験の対策を行うことが普通になるので、並行して勉強をしていかなくてはいけません。
ただ、並行して勉強をしていかなくてはならないと言っても、その勉強範囲はあくまでも学校で習ったことの延長線上にあるものです。
勉強が得意な人であるのならば、それほどハードルが高いものではなく対応できる学生も多く存在します。
一方で、医学部入試ではこういった試験の対応を自力で行うことができないものも多くあります。
学校の勉強だけでは足りないものが圧倒的に多く、しかも医学部独特の入試制度が採用されていることがほとんどです。
代表的なものでは、小論文や面接試験が挙げられます。
特に問題となるのが、面接試験です。
本来、大学入試では面接試験をほとんど行っていません。
共通試験はマーク式が基本ですし、二次試験も国公立であってもペーパーでの回答のみになるのが普通です。
医学物の場合は、これらに加えて面接試験が行われますので、対応を知っておかないと突破することができない難しさがあります。

富士学院では1人1人の対策を考慮する点に魅力がある

医師を目指す人物である場合、きちんとその人物に素養があるのかどうかを面接で見極められることになりますので、富士学院ではこういった細かな部分での対策も考えてくれます。
何よりも、富士学院では1人1人の対策を考慮する点に魅力があります。
上述のように、医学部は特殊な試験が多く、難関と呼ばれている学校は独自の色を出すことが非常に多いので、その都度それに対応できる試験対策を考えなくてはいけません。
この予備校では、生徒1人1人に対応した志望校の対策を考えています。
限られた時間の中で最大限に合格ができるように工夫をしますし、必要である場合には徹底した個人指導も行います。
学校の勉強と並行しながら医学部の勉強を進めていかなくてはいけないときもあるため、定期試験を含めた効率的な受験対策のアドバイスをします。
ですから、安心して指導を任せることができます。
さらに、現代に応じた講義も行ってくれるのが最大のメリットです。
学生にとって最高の学習環境を提供することに力を入れていますので、効率的に勉強を行うための準備を常に行っています。
代表的なものが、オンラインでの個人指導も実施しているという点です。
個人だけではなく、社会的な状況や問題によって現実的に予備校に通うことができない人も大勢存在します。

まとめ

こういった人達にも対応できるように、この予備校ではオンラインでの個人指導を希望者に行っています。
もちろん、予備校に行けばプロの講師に相談をすることも可能ですし、蓄積されたデータを用いて最新の医学部攻略のためのアドバイスもしてもらえます。
どういった状況でも最善の勉強ができる環境を整えていますので、最短距離で合格ができる道筋を立てられます。

Back To Top