会社

優れた技術開発で多様な製品を生み出す朋和産業株式会社

就職するなら多くの人によく知られている有名な企業が一番という人は多いようです。
確かに知名度の高い会社であれば、名前を出すだけで驚かせることができるので魅力的に感じるかもしれません。
しかしそうした会社が本当に働きがいのある仕事を提供してくれるかどうかは保証されていません。
なんとなく見た目の印象だけで選ぶのではなく、社会に役に立っている仕事ができるかどうかといった観点で就職先を考えてみるのも良いでしょう。

商品のパッケージを数多く手掛けている朋和産業

そうした観点から比べた時に多くの人に評価されているの、朋和産業株式会社です。
こうして名前を聞くとどういった会社なのかイメージを変えることができない人も多いかもしれません。
確かに知名度的にはそれほど高くはないのですが、業界の人から見るとかなり評価されている会社です。

なぜ評価が高いのかと言うと、朋和産業では商品のパッケージを数多く手掛けているからです。
お店に行くと様々な商品が店頭に並んでいます。
お菓子、菓子パン、飲み物などなど、どの商品もパッケージで包装されているのが分かるのではないでしょうか。
どれもそのままでは店頭に出すことができず、パッケージで包むことで衛生面や持ち運びのしやすさといった課題を解決しています。
商品の売れ行きを左右するデザイン性も備えており、今ではメーカーにとって無くてはならない存在です。

そうしたパッケージを手がけている朋和産業株式会社は、数多くの企業と取引を行ってきました。
今では市場に出回っている製品の大多数を朋和産業株式会社が手掛けていると言われており、シェアに占める割合はかなりのものです。
商品を見るとその製造メーカーが真っ先に思いつくかもしれませんが、それらをまとめている会社が朋和産業株式会社と聞くと、かなり実績があると感じるのではないでしょうか。

朋和産業が実際に手がけている商品

実際に手がけている商品を見ると、賞味期限の短いデイリー食品が挙げられます。
例えばコンビニエンスストアで売られているお弁当やおにぎり、食パンなどはデイリー食品に該当し、この会社がパッケージを製造しています。
見た目をデザインするだけでなく中に入っている商品を美味しく見せるための技術も問われるだけに、多くの企業から依頼を受けるこの会社は豊富な実績を備えていると言えるでしょう。

スーパーに並んでいるチルドや冷凍用商品のパッケージもこの会社が作っています。
チルド食品とは加工食品のことで、焼きそばやピザ、チーズなどが主な商品です。
どの商品も店頭ではカラフルな袋に入れられていることが分かるのではないでしょうか。
そして袋のデザインが売り上げを左右することも多いだけに、朋和産業株式会社が社会に果たしている役割はかなりのものであることが分かるはずです。

ただ袋で商品を包み込むだけではありません。
様々な技術開発を繰り返すことで、他社にはない機能的な製品を生み出すことにも成功しています。

耐熱性に優れた製品

その一つが耐熱性に優れた製品です。
従来のパッケージは熱に弱いという欠点があり、熱湯をかけると歪んでしまったり場合によっては穴が開いてしまうこともありました。
しかしこの会社が開発した耐熱性を持つ製品では、高温のお湯をかけても袋が縮んでしまうことがありません。
熱に強い製品を開発したことで、食品メーカーも袋のままお湯にかけて温めると言った商品を売り出すことができるようになりました。
私たちが日頃から食べているレトルト食品などがその例で、この会社の技術力がなければこうした便利な食品を食べることはできなかったかもしれません。

パッケージに蓋をする技術もこの会社が開発したものです。
これまで袋と言えば中に入っている商品を取り出す時に破り捨てるのが一般的でした。
しかしそれでは商品を簡単に取り出すことができる場合であれば問題はありませんが、水などと一緒に入っているものでは難しいかもしれません。
そこでこの会社では容器にシールするタイプの蓋を開発しています。
これによりふたの部分を取り外すだけで容器はそのまま残すことができます。
ゼリーや豆腐のように水分と一緒に商品が入っているものでこうした技術が活用されています。

まとめ

最近見かけるようになったスーパーで買うことができるスイーツは、透明なパッケージの周囲を薄いフィルムが被っています。
これもこの会社が開発した技術で、フィルムに粘着剤をコーティングすることで商品に悪い影響を与えることなくパッケージを魅力的なものに作り上げることができるようになりました。
消費者もフィルムを簡単に剥がすことができるので、食べる時にも手間を取ることがありません。

店頭で商品が目立つようにと、スタンディングパウチと呼ばれる製品も開発しました。
コーヒーや小麦粉のような粉末が入っている商品では、これまでは横に寝せたパッケージとするのが一般的でした。
しかし作り方を工夫することで商品を立たせることができるようになり、店頭で目立つだけでなく客も手に取りやすいという特徴を備えています。
このようにメーカーや消費者のニーズに応えた多様な製品を開発できるのがこの会社の強みです。

Back To Top