アソビマーケットの優れた仕組み

アソビマーケットの優れた仕組み

最終更新日 2024年6月11日 by ffther

アソビマーケットはアソビモ株式会社が運営しているサービスであり、同会社が発行しているアソビコインを利用してデジタルコンテンツの売買を行うことができます。

デジタルコンテンツは譲渡や売買が禁止されている

本来、デジタルコンテンツは売買を行うことが難しいものです。
現在でも、多くのサービスで購入できるデジタルコンテンツは譲渡や売買が禁止されています。
アソビモ株式会社は不要になったデジタルコンテンツを売買できないことは勿体ないと考えており、有効に活用するためにマーケットやコインを開発しました。
マーケットの売買対象となっているコンテンツであれば、自由に売買を行うことができ、今までは不可能であった不要なアイテムの有効活用が可能となっています。
まさに夢のようなサービスだと言えますが、ユーザーに対するメリットが大きすぎて利用することが不安に感じられる人もいるかもしれません。
そのようなうまい話はないだろうと思うかもしれませんが、独自の特別な仕組みが採用されているからこそ、このような便利で優れたサービスを利用できると知っておくと良いです。

アソビマーケットの特徴

一般的には、デジタルコンテンツを売買することが禁止されており、認められていないものを売ったり買ったりすれば罰を受ける可能性があります。
法で裁かれてしまうことがなかったとしても、売買に利用したサービスのアカウントが凍結されたり、売上を没収されたりする可能性が高いです。
購入した側もアカウントが凍結されたり、高いお金を出して手に入れたデータが削除される可能性があります。
アソビマーケットの場合は正式に売買が認められている商品のみ取引を行うことが可能です。
売買を認める会社があるのだろうかと疑問に感じる人もいるはずですが、独自の仕組みのおかげでこのマーケットに参入を希望する会社があることを知っておきましょう。
アソビマーケットは4者で取引を行います。
多くのショッピングサイトやフリマサイトでは、3者で取引を行うことになるはずです。
売る人と買う人、それを仲介する人の3者だと言えます。
中古ショップを利用した売買も3者による取引であり、商品を生み出した会社には利益が発生しないことが特徴です。
アソビマーケットの場合は商品のつくり手を含めた4者で取引を行います。
売上は売却した人と仲介者、つくり手の3者で分配され、初めから決められている割合で分配が実施されるのでトラブルになることもありません。
開発や販売を行っているつくり手にもお金が入る仕組みとなっているので、このマーケットなら参加したいと考える企業がいると知っておくと良いです。

出品される商品すべてに所有権が割り振られている

さらに、より安全に利用できるためのシステムも整えられています。
ネット上ではコピーコンテンツが売られていることも少なくありません。
お得な値段で販売されているデータを購入したところ、実はコピーコンテンツでまともに利用することができなかったという問題が発生することも多いです。
そもそも、禁止されているデジタルコンテンツを買うこと自体問題ですが、購入後にはこのようなトラブルが待ち受けている可能性もあります。
アソビマーケットはブロックチェーン方式が組み込まれており、出品される商品すべてに所有権が割り振られていることが特徴的です。
ゲームアカウントなどと連携した上で所有権の割り振りが行われることになり、不正につくられた正規ではないデータには所有権を持たせることができません。
所有権のないデータは販売することができないので、コピーデータを売ろうとするユーザーが登録を行ったとしても、計画通りに販売を行うことはできないと言えます。
全ての取引で安全性が証明されているので、購入する前に本当に不正なデータではないのだろうかと疑心暗鬼にならずに済むでしょう。

アソビマーケットのお得に利用できる仕組み

アソビマーケットには安全に利用できる仕組みだけでなく、お得に利用できる仕組みもあります。
マーケットで獲得したコインを利用する場合は、ゲーム内のアイテムをお得な値段で購入できるようになっていたり、ゲームの報酬としてアソビコインが設定されていたりすることがあることを知っておくと良いです。
全てのゲームが該当するわけではありませんし、いつでも実施されているわけではないので注意が必要ですが、こうしたお得に利用できるチャンスが設けられていることを理解しておきましょう。
こまめに最新情報を確認しておけば、お得なキャンペーンに参加することができ、より充実したゲームライフを送ることができるようになります。

まとめ

今はアソビモ株式会社が提供しているオンラインゲームを中心とした売買が可能ですが、今後は他にも多くの会社やゲームタイトルが加わる可能性があると言えるでしょう。
書籍や楽曲データも対象範囲が広がることが予測されており、幅広いデジタルコンテンツを有効に活用できるようになるはずです。
安心して利用することができる便利なサービスなので、魅力を知った上で利用を開始してみることがおすすめだと言えます。