【徹底解説】出会い系アプリを使うメリットとデメリット

【徹底解説】出会い系アプリを使うメリットとデメリット

最終更新日 2024年6月11日 by ffther

この記事は以下のような人におすすめです

・Jメールの利用を考えている
・出会い系アプリのメリットを知りたい
・オススメの出会い系アプリは?

学生時代に男女共学の学校に行っていた時には、沢山の異性と出会う機会があります。
だから出会う数が多いので学生時代には、努力をしなくてもなんてことはなく付き合う相手が見つかります。
だけどそんなチャンスが多い学生時代に、異性とお付き合いしていた人や全くお付き合いできなかった人が社会人になって新しい相手と出会う機会は減ってしまいます。
社会人になったら、TVの恋愛ドラマで偶然の出会いや合コンで知り合うシーンが出てますが、社会人になると学生時代と違って女性は結婚相手に、現在の収入や将来性を見て判断される事が多くなります。
何故なら女性も学生時代と違って、社会に出て現実は夢じゃないとか、イケメンでも金が無かったら生活できない事に築くからです。

競馬で絶対に勝てる方法はあるか

JメールやOmiaiなどに代表される出会い系アプリ

学生時代は待っていても出会いが出来た人でも、社会人になったら自力で出会いを探す必要があります。
男女が出会える方法には色々ありますが、お金や暇がない人でもチャンスを広げたいと考える人に人気のあるサービスにJメールOmiaiなどの出会い系アプリがあります。
出会い系のアプリは異性と付き合いたいと思いて立った瞬間に、インターネットに繋がったスマートホンやタブレットやPCさえあれば、会員登録すればすぐに相手を探せるアプリです。
以下でそのアプリサービスを使ったメリットとデメリットをあげて、詳しく紹介して行きます。

出会い系アプリのメリット

圧倒的に出会える異性が多い

一番大きなメリットは、合コンや友達紹介なんかと比べれば、圧倒的に出会える異性が多い点です。
合コンだと1回の開催で出会える人数は男女各3人から多くて5人程度で、男性が費用を持つので多くても週1回程度しか参加できません。
街コンなら参加者が50人以上いるから一気に出会えると考える人もいますが、街コンの場合は開催回数がもっと少ないです。
それに比べてスマートホンを使ったマッチングサービスは、サービスによって違いがありますが、毎日数十人以上と出会う事が可能です。
やはり数打てば当たるではないけど、恋人候補が多ければ多いほど出会えるチャンスはその分増えます。

女性は無料で相手の男性を探せる

ほとんどのサービスで、男性は有料である事が多いです。
だけど女性の場合はスマートホンがあれば、無料で相手の男性を探せます。
他の合コンでも男性がお金を出してくれると考える人もいますが、合コンの場合は奢ってもらえば気を遣う必要があり、お洒落をして行くのにお金が掛かったりします。
街コンでは男性よりも小額だけど、参加費を要求される事が多いです。
女性の利用ならば、ほとんどのサービスでいくら使っても無料なので手当たり次第気に入った異性を探せます。

どんな地域に住んでいても別の地域の異性を探せる

スマートホンを使ったサービスを使うメリットは他にもあって、インターネットが使えるどんな地域に住んでいても別の地域の異性を探せる点です。
離島や過疎地で異性を探さなければならない場合は、人口が少なく高齢化も進んで自分の同年齢の異性を探すと限られてしまいます。
そんな時でも都会の異性とも簡単に出会えるので、探す事が出来ます。
さらに都会に住んでいても、看護婦や消防士など夜勤があって昼夜が逆転している仕事の場合は、出会うチャンスがその分減ってしまいます。
24時間365日いつでも利用できるサービスなので、夜勤明けの時間でも異性を探す事が出来ます。
逆に一般の仕事そしている会社員だと、夜勤の多い看護婦さんに出会うチャンスは入院や通院している時ぐらいですがサービスを利用すればそういった普段は出会う接点のない人とも付き合えます。

出会い系アプリのデメリット

こんな便利な出会い系アプリですが、良い事ばかりではなく使用中に気を付けなければいけないデメリットも存在します。

ワンナイトラブの相手も求めている人も多い

無料で簡単に利用できるのは、利用者にとってはメリットではありますが、その分気軽に利用できる故に真剣な交際を求めていないでワンナイトラブの相手も求めている人も多いです。
まだワンナイトラブならいいのですが、人妻の写真を撮ってお金を要求したり、男性の場合は美人局で脅迫されるなど犯罪リスクもあります。
極端な例では、相手が殺人鬼の場合はホテルで刺殺されるリスクもあり、注意が必要です。

会員数を増やすために簡単に入会できるサービスも

会員登録時に個人情報をしっかりとチェックするサービスもありますが、会員数を増やすために簡単に入会できるサービスも存在します。
悪質さサービスだとわざとチェックしないで、例えばキャバクラなどのセールスに使われても排除しない場合があります。
何故かと言えば、女性会員が少ないので、キャバクラの営業であっても女性会員を増やしたいと考えるからです。
マッチング相手を探す時に、気に入った異性を探すために重要なのがプロフィールです。
だけどワンナイトラブを求める悪質なユーザーの中には、写真を加工したりプロフィールを実際より高収入に記載する事も良くあります。
そういった嘘のプロフィールで付き合ってみたけど後で事実と違っていても自己責任となります。

まとめ

収入などをきっちり給与明細などを提出させて入会させるサービスもありますが、そういったサービスでも趣味の欄で料理が出来ないのに料理が得意と書く場合もあるのでどこまで嘘を許容できるかも自己責任です。