【最新版】純金積立てをするメリットやデメリット

【最新版】純金積立てをするメリットやデメリット

最終更新日 2024年6月11日 by ffther

「ゴールドリンクの純金積立を考えている」
「将来に向けて投資をしたい」
「株式会社ゴールドリンクの評判や会社概要が知りたい」

純金積立てと言うものがありますが、一体これはどのようなメリットがあるのでしょうか。
純金を積み立てると言う事は、現金以外にも資産を持つことを意味しています。
現金以外にも資産を持つと言うと、少し投資の側面がありますが間違いなく投資になります。

証券会社を利用するときに知っておくといいこと

日本人とアメリカ人の投資の感覚の違いについてゴールドリンクの見解とは

日本人は、アメリカ人などと異なり投資をする教育を受けてきていません。
これに対しアメリカ人はそのような教育を十分に受けているため、大人になってからも積極的に行うことが多いです。
なぜこのようなことが考えられるかあるいは文化の違いがあるかと言えば、アメリカの場合は例えば株式を1つとっても毎年必ず成長しているからだと株式会社ゴールドリンクは言います。
株式会社ゴールドリンクの会社概要について

毎年必ず成長しているものにお金をかけると言う事は、メリットでしかありません。
つまり、株式投資をすれば、時間がかかるかもしれませんが必ずリターンを得ることができるわけです。
これに対して日本でそのような教育がされていないのは、必ずリターンがあるわけではなく、損をする可能性もあるからでしょう。
特に日本は1990年代前半に不動産バブルの崩壊が起こっており、これで大きなダメージを受けた大人も少なくありません。
その人たちが当時40歳位だとすれば、すでに70歳になっており、その自分の子供たちが30歳位か40代位の可能性はありますが、その子供たちに投資はやめておけなどと述べるはずです。
本人は、かなり痛い思いをしているため仕方がないかもしれませんが、そのような状態になるとすればやはり積極的に人に推し進めることができないでしょう。
ただ、あれから30年以上が経過し時代が変わったといえます。
純金投資に限らず、株式投資や不動産投資等も非常に重要になってくると行っても良いかもしれません。

日本円以外で持つこと

しかも重要なポイントは、日本円以外で持つことです。
昔は日本円で取引をしており非常に安定したものでしたが、最近は日本円の価値がずいぶん下がってきました。
例えば、昭和40年代から10,000,000円のお金を持っている人は、今もなおそのお金に手をつけず10,000,000円のお金が預金通帳に入っているとしても、実は半分程度に価値が減ってしまっています。
数字の数が変わっていないものの、実質的な価値が随分と変わってしまっていることに気がつく人はどれだけいるでしょうか。
このような現実を見ると、そんなバカなと思われるかもしれません。
また人によっては他人事のように聞いている人もいますが、実は今日本で預金をしている人でも、その価値は今後どんどんと減ってくると言われているほどです。
例えば、円安の影響などがこれに該当すると考えたようです。
昔は1ドル90円台から100円台前半でしたが、2021年以降は少しずつ円安が進んでおりついに2022年には130円台に上がりました。
この130円台は実に20年ぶりと言うことで、平成中期の頃になります。
20年ぶりと言う事は20年前と同じになったと言うことで、それほど心配する必要は無いのではないかと感じる人もいるかもしれません。
確か20年前と同じに戻ったならば、心配はないと考えても無理は無いです。

なぜ今、純金積立のような投資が必要なのか?

ですが当時と大きな違いが1つあるとすれば、人々の賃金が上がっていないことです。
20年前は、円安つまりインフレになったと同時に人々の賃金が上がりました。
ところが、今回は賃金は上がらず円安になったため、輸入品目などがかなりダメージを受けています。
スーパーなどで、パンの値段が10円上がったあるいはそれ以外の食品も10円以上上がったと言う話を聞いたことがあるかもしれません。
これはどのようなことかと言えば、海外から輸入をするにあたり高いお金を払わなければ今までと同じ量のものを輸入できなくなってきたことを意味しています。
小麦が主に中心のためパン以外にも洋菓子を始めとするお菓子などはかなり打撃を受けているわけです。
円が安くなっていると言う事は相対的に日本円の価値が下がっていることを意味しており、そのままの状態ではもはや価値がなくなる可能性が高いです。
さらに今後円安が進みインフレは進みますが、賃金が上がっていない以上は単純に不景気になることがはっきりとわかるでしょう。
不景気になった場合には、預貯金をしていても価値がどんどん下がっていき、いつの間にか3分の1位の価値しか残らないかもしれません。
せっかく貯めておいたお金も、半分以上は水の泡になってしまいます。
それならば、外国の資産を持つ方がよほど良いと言えるでしょう。
外国の資産を持たないまでも、現金を例えば純金などに変えておいた方が、かなり安全と言うことが理解できるはずです。
株式を購入するならば国内の会社のものよりも、海外の会社のものの方が良いかもしれません。

まとめ

このように、時代は少しずつ変わってきておりすでに70歳位の価値観は今の時代には通用しません。
当然今の40代の世代も20年後や30年後にこの考え方は通用しなくなっているはずです。