美容クリニックの社員になる場合はどうしたら良いか

美容クリニックの社員になる場合はどうしたら良いか

「美容クリニックの社員として働きたい」
「社員になるためのアピールポイントを知りたい」
「たかの友梨ビューティクリニックの社員になりたい」

世の中は10年から20年に1度ぐらいは不景気がやってくると言われています。
日本の場合には、30年ぐらい不景気が続いている一方で、その中でもやはり浮き沈みがあると言って良いでしょう。
なんだかんだ言っても、結局景気が良くなることもありますが、逆にそこから転落するようなこともあるわけです。
ちなみに、景気が悪くなった事例を見ていくと、1つは不動産バブルの崩壊が大きいかもしれません。
かねてより高い土地を購入していた人が、不動産バブル崩壊をきっかけに、金に土地の値段が安くなってしまい大きく損をしたケースがあります。
これがきっかけで、世の中全体の景気が悪くなりました。
倒産した会社も相当な数と言われています。

たかの友梨ビューティクリニックで利用できるハイパーマジックライン

エステティックサロンに通うならたかの友梨がおすすめな理由

【PR特集】たかの友梨 コラム「会長就任への想い。~お客様と社員に支えられ~」|エステといえば“たかの友梨”|フェイシャル・ダイエット・ブライダルエステ
たかの友梨社員口コミ

リーマンショックやコロナショック

次に訪れた波は、2006年頃のリーマンショックです。
これは日本の会社とは関係ありませんがアメリカのリーマンブラザーズが破綻したことをきっかけとして、世界全体が不景気になりました。
このような時も、経営者としてはかなり辛い状態だったことが理解できるでしょう。
さらにその後は東日本大震災の問題もありましたが、2020年にはコロナウィルスの問題が出てきました。
コロナウイルスは日本国内の問題だけではなく世界中の問題になります。
結果的に、コロナウイルスが蔓延したことによりやはりたくさんの会社が倒産したと言えるでしょう。
このような状態の中で、うまく立ち振る舞うためには経営者として素晴らしい人材を雇うのが1つの方法です。
ただ、例えば美容クリニックの社員を採用する場合、本当に素晴らしい人材が来るかといった問題があるでしょう。
一方採用される側も、本当に自分が素晴らしいのかということを客観的に見ることができません。

日本人は良いところをアピールすることが苦手

今までの収入や他人の評価から自分の能力を判断するしかありません。
それ故、かなり曖昧な状態になることがわかります。
もし、社員として雇われたいならば、とにかく自分の良いところをアピールすることです。
日本人は良いところをアピールすることが苦手なため、少し恥ずかしいかもしれません。
それ以前に、良いところなど何もないと考えている人がほとんどです。
これがネガティブだからと言うよりも、そのように教育されてきていないからというのが理由の1つに挙げられるかもしれません。
ある意味、自分の良いところを明確にアピールすることができれば、それで他の人と差をつけることができます。

自分の悪いところをしっかり把握しておく

一方で自分の悪いところをしっかり把握しておくことが大事です。
社会人と言うもの、客観的に自分を見ることができなければかなり浮いた存在になることは間違いありません。
雇われる側はともかくとして、雇う側としては少なくとも自分自身を客観的に見ることができる人を雇いたいと考えています。
特に美容クリニックの社員と言うのはいわゆる病院の先生のことを意味していますので、先生は患者さんのことをよく考えてあげなければいけません。
この時自分自身のことがよく分析できていなければ、患者さんの気持ちを汲み取る事は難しいかもしれないわけです。
仕事的に人間と接することになり、そして人間が自分自身の評価をくれるとすれば、やはり周りの人に対する配慮や細かい配慮などもしっかりと身に付けておかなければいけません。
自分自身の良いところと悪いところが発見できたならば、その中で特にどのような部分でそのクリニックで働けるかと言うことをアピールしなければいけません。

クリニックの経営者として1番の関心どころ

クリニックの経営者として1番の関心どころは、本当に収益を上げることができるかです。
営業マンと言うわけではありませんが、どれだけ数字を出すことができるかと言うのは、非常に重要な存在でしょう。
特に接客業になりますので、技術的なことも重要になりますがそれ以上に、お客さんと対峙した場合お客さんから好かれる人間でなければいけません。
この辺は、ジョハリの窓などを研究するのも1つの方法といえます。
この内容を研究することにより、自分自身の見えない部分まで見えるようになり、結果的により良い先生になることができるものです。
後は、とにかく野党の立場からすれば良い人材を見つけたいところですがこれがなかなか難しいのは野党側にも魅力がないことが理由の1つになります。
たとえ自分がカリスマ的な先生だとした場合、多くの素晴らしい人が集まってくるに違いありません。
ですが、大抵の場合そこまでの能力もなければそこまでの力もありません。
そうすると、カリスマ的な力と言うのはあまり求めるべきではないでしょう。
それより、本当に社員のことをしっかり考えているのかと言うことを第一に見ておくべきです。

まとめ

社員について考えると言う事は、1つは収入の問題があります。
仕事のできない人に対して収入を保障する必要はありませんが、やはりある程度できる人材と言うのは、それなりにお金を与えなければ納得できないでしょう。
それどころか、途中でやめることになりかねません。
それ故、少なくとも平均的な給料体系にしておくことが大事になります。