冷凍食品を環境に優しい素材でパッケージ

冷凍食品を環境に優しい素材でパッケージ

「環境問題に最近興味が出てきた」
「冷凍食品に使われているパッケージの種類が知りたい」
「朋和産業株式会社の年収が知りたい」

冷凍食品のパッケージは、一般的な紙素材に任せることが出来ません。
冷蔵庫・冷凍庫に保管されることが前提であるため、結露に強いことや耐水性を持つことが求められるからです。
現在、冷凍食品のニーズは非常に高まっています。
自宅内で食事をとる機会が増え、保存が出来る食品が強く求められるようになったからです。
こうしたことからも、パッケージの素材やデザインはしっかりと考え、検討した上で発売する必要があります。
加えて、現在は環境問題への配慮が強く求められる傾向があるものです。
安易にプラスチックケースなどを使うことは出来るだけ避ける必要があります。
出来るだけ環境に配慮し、リサイクル可能な素材で容器を製造することが大切です。

関連トピック
【 朋和産業株式会社 京都工場】 京都のものづくり企業の魅力をご紹介!!
「パッケージ 冷凍食品」のアイデア 8 件

朋和産業に学ぶ環境に配慮した素材

環境に配慮した素材とはどのようなものでしょう。
現在、冷凍食品のパッケージで用いられている資材はほとんどがプラスチック製です。
このプラスチック製品は高度経済成長期から使用されている歴史があり、現在の大量消費・大量生産のニーズにフィットしています。
ところが、プラ製品は土に還ることが出来ません。
土壌汚染やゴミ処理問題の原因となり、海洋汚染の要因として世界中で使用を避ける傾向にあります。
環境に配慮するのであれば、このような問題をクリアしている必要があるのです。
今、注目されている材料は、一度は使用が難しいと考えられていた紙と言われています。
紙をそのまま使用するのではなく、何らかの加工を施したり工夫を加えることで、冷凍の食品にも使用することが出来るものを作ることが求められているのです。

優れた技術開発で多様な製品を生み出す朋和産業株式会社

ワンプレート型や1食完結型の冷凍食品

ワンプレート型や1食完結型の冷凍食品は、レンジで温めるだけで手軽に食事がとれる優れた製品としてニーズが高まっています。
ここでパッケージとして使用されているのが、樹脂などで製造されたモールド材です。
モールド材はもともと半導体のパッケージにも使用されており、密封性が高いことでも知られています。
リサイクルが可能な素材である上、ワンプレートの各パーツを密閉することが可能です。
フタには再利用可能のビニールを使用します。
土に還るタイプのビニールであれば、燃えるゴミとして処分することが出来る上に、燃えたときに有害な物質が発生するといった問題もありません。
加熱にも耐えうる上に、溶け出すといったトラブルもなく現在は多くの場面で利用されています。

クラフト・ラミトレーという資材

クラフト・ラミトレーという資材も、冷凍食品の容器として好ましいと言われているものです。
これは、紙をベースとしてアイテムで、強度を極限にまで薄く加工したプラスチックの板で補います。
単体では容器として成立しないほどの薄さのプラ板なので、環境に好ましくない素材を削減することが可能です。
こうした容器は、基本的に処分の際に分解するように作られています。
食事を食べ終わったあと容器を処分するときには、紙の部分とプラスチックの部分を簡単に分離させることが出来るのです。
資源を分けてゴミ処理が出来るため、環境配慮に繋がります。

器や保存容器は確実にペーパー化に近づいている

現在の技術を使用することで、器や保存容器は確実にペーパー化に近づいています。
今は完全に紙化することが出来なくても、パッケージメーカー各社は知恵を出し合い、環境に役立つアイテムを製造しているのです。
冷凍食品への耐水紙の利用は、その一例と言えます。
紙のオモテとウラ両面に耐水加工を施すことで、冷蔵庫などに入れても問題ないアイテムを作り出すことが出来るのです。
他にも、表面にラミネート加工を施す方法などが導入されています。
こうした加工を施すことで、食品の安全性を保ちながら水から守ることが可能となりました。

進む脱プラスチック

こうした食品分野はもちろん、現在の社会ではさまざまな紙を使用することでプラスチック化から脱却しようとしています。
特に環境への意識が高いと言われるヨーロッパなどでは、すでに段ボール紙を使用した器を使用するなどの工夫が当たり前とされているのです。
頑丈さが求められる場合は厚紙や加工された用紙を使い、一方で単品の商品には紙袋を使用します。
化粧品や日用品にまでこのような意識が浸透している点は、現在の日本でも見習うべきところと言えるでしょう。
冷凍保存が必要な食品については、あえて内側に袋を使用しないという方法が用いられています。
直接、紙袋などに食品を入れることで、少しでもプラスチック容器を使わないように配慮されているのです。

まとめ

日本では現在、紙製のパックを「お洒落」として用いる傾向があります。
こうした美意識を活用することで、冷凍保存食品だけではなく、他の商品などにも環境に優しいアイテムを使用することが出来るでしょう。
エコフレンドリーであるだけでは導入は難しいものです。
楽しく、簡単に取り組むことが出来るかたちであることは環境に優しい生活を続ける大切なポイントと言えます。
ペーパー素材に今後、どのような新しい機能を付与することが出来るかによって、環境問題への取り組み方はより効果的かつエコになるのです。